市販のメリット

勉強

司法書士になるには当然、司法書士の試験を受けて合格し、資格を取る必要があります。
実施機関は法務省で、毎年1回行われます。
この試験は年齢、性別、学歴不問で、だれでも受験することができます。
試験には筆記試験と口述試験があります。
筆記試験は選択問題、並びに記述問題があり、午前から午後にまたいで実施されます。
憲法や民法、商法、刑法に始まり、業務を行うのに必要な知識が問われます。
口述試験は主に不動産登記法、商業登記法、司法書士法の三分野からの出題となり、試験官との一問一答形式で行われます。
合格率は2、3%と言われており、合格への道は狭き門であることがうかがえます。
合格してはじめて、司法書士として依頼人の相談を受ける資格を手に出来るのです。

資格を得てからですが、やはり試験にパスしただけでは相談にスムーズに答えるには心もとない部分があります。
そこで、実際に司法書士事務所等に入って実務経験を積んでいくと、試験勉強の中では出てこなかった問題に出会うことになるでしょう。
依頼人への応対の仕方、言い回し等、自信をもって対応できる人になるためには必要なことです。
また研修会等にも積極的に参加して、スキルアップを目指しておきたいものです。
もし、いずれ自分で開業することを念頭においているならば、開業資金も蓄えておきたいものです。
数百万は自分で賄えるように資金を準備しておきましょう。
また、事務所の場所も今後の仕事に大きく影響するでしょうから、ある程度めぼしをつけておくのもよいでしょう。

市販のメリット

司法書士試験を独学で勉強する際には、市販されているテキストの特徴を知りましょう。購入価格が安いことや、様々なところから販売されているためバリエーションが豊富といったメリットがあります。

専門学校の教材

独学により司法書士を目指す方法の一つに、専門学校で販売されている教材を利用する人もいます。専門学校に入らなくても利用することができ、通学している人と同じ内容の勉強を行うことができます。

勉強法とは

実際に独学で取得した人の話や体験談、勉強方法を知ることで自分の勉強法の参考にもできます。ネットなどでも気軽に調べることができます。様々な方法を知ることで司法書士の勉強も効率良くなります。

傾向を知る

独学で司法書士試験の勉強をおこなう際には、その年の傾向をしることで勉強時間を短縮することができます。試験の傾向について載っているサイトも多数あるので、比較することでポイントを押さえることが可能になります。