専門学校の教材

頑張る

司法書士が専門とする主な業務は、登記業務です。
私たちが住宅を買ったり売ったりするとき、所有権の移転を証明する書類を作成し法務局に提出することで登記が行われます。
住宅ローンを組んだときに設定される抵当権や名義変更なども登記の対象になります。
また、住宅などの不動産だけでなく、会社が設立されたり代表者が変わった場合にも登記が行われます。
司法書士として専門サービスに携わるには、国家資格を取得する必要があります。
試験科目は、憲法、民法、商法、刑法の他に、不動産登記法、商業登記法、民事訴訟法など多岐の法律にわたります。
合格率は3%程度と非常に難関な資格ですが、受験資格に制限はなく、資格は一度取得すれば一生有効です。

司法書士が行う専門サービスとして、今後ますます注目される業務があります。
それは遺産相続や遺言に関する相談業務です。
また、認知症などになってしまった方の権利や財産を守る後見人としての立場で行う代理業務も、専門知識のある司法書士の活躍が期待されています。
これらの業務は、将来的に高齢化社会が一層進む中で、より一層ニーズが高まっていくことが予想されます。
その他にも、法務大臣の認定を受けた司法書士は、140万円を超えない請求事件の民事裁判に関して、当事者の代理人として法廷に立つことができます。
また、日本に永住を希望する外国人の帰化申請手続きなどの相談も、司法書士が扱える業務です。
これからの様々な社会変化に対応して、身近な法律家の活躍する機会は広がっています。

市販のメリット

司法書士試験を独学で勉強する際には、市販されているテキストの特徴を知りましょう。購入価格が安いことや、様々なところから販売されているためバリエーションが豊富といったメリットがあります。

専門学校の教材

独学により司法書士を目指す方法の一つに、専門学校で販売されている教材を利用する人もいます。専門学校に入らなくても利用することができ、通学している人と同じ内容の勉強を行うことができます。

勉強法とは

実際に独学で取得した人の話や体験談、勉強方法を知ることで自分の勉強法の参考にもできます。ネットなどでも気軽に調べることができます。様々な方法を知ることで司法書士の勉強も効率良くなります。

傾向を知る

独学で司法書士試験の勉強をおこなう際には、その年の傾向をしることで勉強時間を短縮することができます。試験の傾向について載っているサイトも多数あるので、比較することでポイントを押さえることが可能になります。