傾向を知る

名刺交換

この先行きが見えない日常にあって、弁護士・医者・公務員は安定した職種と高収入が期待された職業として常識化していました。
ところがアメリカなどと比較して、訴えを起こす行動に慣れていない日本人はそんなに日常的に弁護士を必要としてきませんでした。
弁護士になるためには、大学の法科でロースクールの勉強をして、司法試験に合格して、司法研修所で現役の裁判官や検察官から実際上のケースなどを体験します。
その後司法研修所の試験に合格して、弁護士か裁判官のコースを選択して、弁護士コースは街なかにある弁護士事務所に新人として働くことになります。
ところが最近では、弁護士に依頼する案件が減ってきて、報酬は安くても安定した国選弁護士に仕事を求めるケースが増えています。

消費者金融の金利でグレーゾーンの廃止の伴う過払い金請求が、可能になり実際に成功した実例がありますから、消費者金融の支払いに追われていた方々にとっては朗報です。
しかしながら以前の消費者金融会社は、銀行系の会社に子会社化されて今では、クレジット会社として生き残っています。
それも業績が良いですから、今では銀黒から出向される場合でも出世コースに変身しています。
この過払い分野は、ある意味成長分野ですから、他の職種からの参入も見受けられます。
その最大のライバルが司法書士の方々です。
弁護士には相談に抵抗がある人でも司法書士というブランドから専門的な法律の相談から資格として、認定されているグレーゾーンの相談の話もし易いのが、現状です。
それと同時にCMなどが目につき始めています。

市販のメリット

司法書士試験を独学で勉強する際には、市販されているテキストの特徴を知りましょう。購入価格が安いことや、様々なところから販売されているためバリエーションが豊富といったメリットがあります。

専門学校の教材

独学により司法書士を目指す方法の一つに、専門学校で販売されている教材を利用する人もいます。専門学校に入らなくても利用することができ、通学している人と同じ内容の勉強を行うことができます。

勉強法とは

実際に独学で取得した人の話や体験談、勉強方法を知ることで自分の勉強法の参考にもできます。ネットなどでも気軽に調べることができます。様々な方法を知ることで司法書士の勉強も効率良くなります。

傾向を知る

独学で司法書士試験の勉強をおこなう際には、その年の傾向をしることで勉強時間を短縮することができます。試験の傾向について載っているサイトも多数あるので、比較することでポイントを押さえることが可能になります。