勉強法とは

営業マン

司法書士は、不動産登記や契約書の作成の代行、任意整理の手続き等の法律の専門サービスを行う職業です。
司法書士になるには、国家試験に合格することが必要になります。
司法書士の国家試験は、日本の国家試験の中でも難易度が高いです。
合格レベルに達するためには、高度な法律の専門知識の学習が必要になります。
独学で学習するのは大変難しいため、受験生の多くは、専門学校などに通って受験勉強を行っています。
学校に通って勉強をすると、早い人では1年程度で合格して国家資格を取得することができます。
仕事をしながら受験勉強をする人も多く、仕事帰りに学校に通って勉強をしています。
近くに学校がない場合などは、通信講座がありますので、自宅で学習することができます。

司法書士と類似・競合する法律の専門職業家としては、弁護士があげられます。
弁護士は訴訟行為の代理をすることができ、裁判の際には弁護をしてもらうことができます。
弁護士も司法書士と同様に法律相談を行っています。
初回の相談料を無料にしている場合も多いので、気軽に法律相談をすることができます。
弁護士会が主催する無料の法律相談会も定期的に開催しています。
弁護士にはそれぞれ得意としている専門分野があります。
交通事故の問題に精通している弁護士や、相続問題に強い弁護士などがいます。
どの分野に強いかについては、事務所のホームページに掲載していますので、事前に調べることができます。
弁護士事務所のホームページには、料金報酬についても掲載されています。

市販のメリット

司法書士試験を独学で勉強する際には、市販されているテキストの特徴を知りましょう。購入価格が安いことや、様々なところから販売されているためバリエーションが豊富といったメリットがあります。

専門学校の教材

独学により司法書士を目指す方法の一つに、専門学校で販売されている教材を利用する人もいます。専門学校に入らなくても利用することができ、通学している人と同じ内容の勉強を行うことができます。

勉強法とは

実際に独学で取得した人の話や体験談、勉強方法を知ることで自分の勉強法の参考にもできます。ネットなどでも気軽に調べることができます。様々な方法を知ることで司法書士の勉強も効率良くなります。

傾向を知る

独学で司法書士試験の勉強をおこなう際には、その年の傾向をしることで勉強時間を短縮することができます。試験の傾向について載っているサイトも多数あるので、比較することでポイントを押さえることが可能になります。