司法書士試験とは

スーツを着る

司法書士試験は、士業の資格の中でも難関な資格です。
基本的には、専門学校や塾に通い勉強することが必要ですが、全ての人が専門学校に通うことができる状況ではありません。
専門学校の通うためには、時間が必要になります、毎週その時間を確保することがサラリーマンには難しい傾向にあります。
会社の残業や接待により、時間を確保することができない傾向にあるのです。
日中仕事を行なっているサラリーマンには、仕事をしながら試験勉強を行わなくてはなりません。そのような状態でも司法書士試験に望むためには、独学で勉強しましょう。
独学なら、専門学校や塾で行われている授業を見逃しても問題ありません。また、自身のライフスタイルに合わせた試験勉強をおこなうことができます。
これにより、時間に都合をつけて試験勉強をおこなうことができるのです。
自身のペースで勉強を行い、司法書士試験を合格に導きましょう。

司法書士試験を独学で勉強する際には、テキスト選びが重要になります。
市販されているものや、専門学校で利用されているテキスト等様々です。自身の進捗ペースに合わせてテキストを選ぶことが必要になります。
基本的には、テキストと合わせて問題集を購入することが適しています。テキストで得た知識を問題集でアウトプットすることが合格への近道なのです。
そのため、テキストと問題集がセットで販売されているものを購入して勉強するようにしましょう。

市販のメリット

勉強

司法書士試験を独学で勉強する際には、市販されているテキストの特徴を知りましょう。購入価格が安いことや、様々なところから販売されているためバリエーションが豊富といったメリットがあります。

専門学校の教材

頑張る

独学により司法書士を目指す方法の一つに、専門学校で販売されている教材を利用する人もいます。専門学校に入らなくても利用することができ、通学している人と同じ内容の勉強を行うことができます。

勉強法とは

営業マン

実際に独学で取得した人の話や体験談、勉強方法を知ることで自分の勉強法の参考にもできます。ネットなどでも気軽に調べることができます。様々な方法を知ることで司法書士の勉強も効率良くなります。

傾向を知る

名刺交換

独学で司法書士試験の勉強をおこなう際には、その年の傾向をしることで勉強時間を短縮することができます。試験の傾向について載っているサイトも多数あるので、比較することでポイントを押さえることが可能になります。